表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » フォーラム » 表装・表具の井戸端 » 表装談義 » 障子紙の新製品
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

障子紙の新製品


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2004/6/25 10:36
表装工房  管理人   投稿数: 114

「新製品の障子紙が出ました」と問屋さんが持って来られました。

特徴として以下の点があります。

・伸び縮みがないので雨の日もたるみません。
・霧を吹かなくても綺麗に貼れます。

そこで、疑問 :-?

要するに貼った状態のままということだと、かえって困っちゃいますよね。
張るからこそ綺麗に貼れるのですから・・・。

それに、障子は雨の日はたるむものです。
でも、「雨の日に障子がたるむ」というクレームも多くなっているんでしょうね。
表具師なら、そんなクレームにも適切に対応できるのでしょうが、ハウスメーカーさんは、「はい、すみません。すぐに直します。」と、こうなってしまうんでしょうね。 :-(

障子がたるみ具合で、季節の移り変わりが感じられる。そんな感性は現代日本人には無くなってしまったのでしょうか・・・。

投票数:1 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/5 10:37 | 最終変更
和装乃蔵 ( 書画 ・ 表装材料商 ) 

障子は、貼り方によって雨の日に弛むことはありませんよ。
転がして置くことで弛むようになるんですよ。
貼って置くことで弛みは大幅に改善されます。
霧を吹いて貼ってもまた元に戻ります。
化繊を混ぜて引っ張っても劣化が激しいですよ。
張替えが早くなるからいいじゃないですかという考え方なら、この業界の進化はありませんね。
日本文化は、質を落とすことじゃなく、相手への思いやりで発展してきた文化なんです。
そのことだけは忘れてはいけないんですよ。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/5 20:46 | 最終変更
表装工房  管理人   投稿数: 114

和装乃蔵 さん、こんにちは。

確かに、貼り方により弛みを抑えることはできますね。貼る前に与える水分を多めにし、しっかりと弛ませてから貼ればかなりの湿気でも弛まなくなりますが、そこまで伸びた状態で貼ると今度は、湿度が下がった時に張力が高くなりすぎ障子紙に負担が掛かり、劣化しやすくなります。

これは、巻取りの障子紙で特に顕著になりますが、質の高い手漉きの障子紙でも程度の違いはあれ、湿度が上がれば緩む、湿度が下がれば張るという原則は同じことです。

ただ、普通に貼れば、1日2日の雨では目に見えて緩むことはないですね。梅雨の時期のように何日も雨が続いて建物全体に湿気を帯びた状態で障子が緩むのは、当たり前のことだと私は考えています。

引用:

日本文化は、質を落とすことじゃなく、相手への思いやりで発展してきた文化なんです。
そのことだけは忘れてはいけないんですよ。

その通りですね。しかし近年、質の高い材料が手に入らなくなってきています。後継者がいないんですね。これは危機的状況だと感じています。

私は、私に出来ることとして、年々手間代が少なくなるのを覚悟で、出来るだけ質の高い材料を使うようにしています。消費しないと残っていかないと思っています。

投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/12/13 7:50
和装乃蔵 

コメントありがとうございます。
ここの扱いが不慣れなものでコメントに気がつきませんでした。
返信遅れたことをお詫びいたします。
そうですよね、何日も雨が続けば、弛みはさけられないでしょうね。
「障子貼りみたいな簡単なものが素人との違いを見せるのが難しいんだよね。」よく表具師から言われてます。
その土地々々の気候に合わせた貼り方のポイントがあるようですね。
業者の気使いのその差は、しっかりと出ているようです。
後継者がいなくなったのは、建築様式の変化とともに業界全体の表具師への仕事が減ったからだと思います。
そこに新規参入があるといよいよ負のスパイラルが加速します。
従来の表具表装に関わる職人は先のことをしっかり考えての仕事をしてましたが、新規参入の多くは時間短縮と低価格中心にポイントにおいています。
その考えは、多くの弊害を引き起こしてます。
仏教伝来より始まり、室町時代に今の形が確立した表装の文化、消したくないですよね。
地方の片隅で細々と商いをしている材料屋が感じたことです。

投票数:1 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ

当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.