掛け軸・屏風などの表装・修理は表具師へ
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 16
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

表装のやりかた 糊のつけかた anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: ゲストEdit
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2006-02-15 (水) 12:41:57
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

日本画を制作している者です。肌裏を打つとき肌裏紙の裏表ありますが、裏にのりがつくようにすればよいのでしょうか?それとも表でしょうか?またその理由がしりたいのですが教えていただければ幸いです。

Page Top

回答 anchor.png Edit

私の工房では裏打ちの時は、肌裏増裏総裏に関わらず、糊をつける面は紙の裏側にしています。

理由は、次の裏打ちの時により薄い糊で接着できるからともう一つは、最終の裏打ちの場合は見栄えによるものです。

by 表装工房 季庵

  • 表装 通信教育 -- ゲストEdit 2006-05-02 (火) 08:04:57


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 9459, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2006-03-03 (Fri) 01:38:07
Last-modified: 2006-05-02 (Tue) 08:04:57 (JST) (4922d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.