表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 16
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

表装のやりかた 糊のつけかた anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: ゲスト編集
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2006-02-15 (水) 12:41:57
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

日本画を制作している者です。肌裏を打つとき肌裏紙の裏表ありますが、裏にのりがつくようにすればよいのでしょうか?それとも表でしょうか?またその理由がしりたいのですが教えていただければ幸いです。

Page Top

回答 anchor.png Edit

私の工房では裏打ちの時は、肌裏増裏総裏に関わらず、糊をつける面は紙の裏側にしています。

理由は、次の裏打ちの時により薄い糊で接着できるからともう一つは、最終の裏打ちの場合は見栄えによるものです。

by 表装工房 季庵

  • 表装 通信教育 -- ゲスト編集 2006-05-02 (火) 08:04:57


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 9245, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2006-03-03 (金) 01:38:07
最終更新: 2006-05-02 (火) 08:04:57 (JST) (4614d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.