表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 36
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

仮巻の作り方 anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: ゲスト編集
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2008-06-30 (月) 03:18:10
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

子供の作品を市販の仮巻軸を買って貼りたいと思っています。
この場合、作品には裏打ちをしないでいきなり貼って良いのでしょうか?
四隅に糊をつけて貼るのでよいのでしょうか?
よく学校に貼ってある書き初めなどには、上下に千代紙?の様な細い紙が貼ってありますが、あれは何なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • できれば作品は裏打ちしたほうがいいですね。そのほうが、作品本来の姿が映るからです。

    また、仮巻きに張る時は、上下に別の紙(できるだけ柔らかいもの)を付けて、それを仮巻きに糊付けします。

    その理由は、仮巻きを巻くと作品が上方に徐々にずれていきます。結果として、一番上で紙が余りどうしても皺になってしまうので、上部に付けた紙を折って収めるためです。

    上下につける紙は、四つの角に四枚、幅2センチ×長さ5センチ程度の物を付けると収まりがいいです。ただ、装丁を兼ねるなら、模様のある紙(千代紙など)を作品の幅と同じにして、上5センチ、下2.5センチ程度付けてもいいと思います。 -- 表装工房 季庵 2008-06-30 (月) 08:13:31


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 15967, today: 2, yesterday: 4
初版日時: 2008-06-30 (月) 03:18:10
最終更新: 2008-06-30 (月) 08:13:31 (JST) (3824d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.