掛け軸・屏風などの表装・修理は表具師へ
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 38
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

絹本の黄ばみ取りについて anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: 磯和男Edit
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2008-10-19 (日) 10:36:00
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

当方はサラリーマン退職直後で、なんでも自分でやりたがる団塊世代の男性です。
今、古い掛け軸の絹本の黄ばみ取りに挑戦中です。
過マンガン酸カリウムと亜硫酸ソーダ等の濃度はどのくらいですか?又、後の水洗いはどのようにしたら良いでしょうかご教授下さい。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • 濃度は大変難しく、私の場合はいつも勘で調整しています。ですから、「この濃度」というのを示すことができないのです。
    水洗いに関しても、「じゅうぶんに」という感じで、肝心なことは中和を確実に行うということでしょうか。 -- 表装工房 季庵 2008-12-16 (火) 08:26:45
  • 過マンガン酸カリウムと亜硫酸ソーダーを「xxx」に中和させることが大切とお答えになっていますが、この中の「xxx」は具体的に言及されていないのですが、xxxは何でしょうか。 -- 2010-11-02 (火) 09:12:10
    • 過マンガン酸カリウム水溶液は、赤紫色で作品を赤紫色に染めます。これを亜硫酸水素ナトリウム水溶液で、還元し無色の状態に戻すのですが、反応途中では、ちょうど作品が黄ばんだ状態の色に近くなります。これを黄ばみ残りと勘違いせずに、しっかりと還元反応を完了させるということです。 -- 表装工房 2010-11-02 (火) 09:38:35


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 7650, today: 1, yesterday: 2
Princeps date: 2008-10-19 (Sun) 10:36:00
Last-modified: 2010-11-02 (Tue) 09:38:35 (JST) (3095d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.