表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 38
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

絹本の黄ばみ取りについて anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: 磯和男編集
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2008-10-19 (日) 10:36:00
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

当方はサラリーマン退職直後で、なんでも自分でやりたがる団塊世代の男性です。
今、古い掛け軸の絹本の黄ばみ取りに挑戦中です。
過マンガン酸カリウムと亜硫酸ソーダ等の濃度はどのくらいですか?又、後の水洗いはどのようにしたら良いでしょうかご教授下さい。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • 濃度は大変難しく、私の場合はいつも勘で調整しています。ですから、「この濃度」というのを示すことができないのです。
    水洗いに関しても、「じゅうぶんに」という感じで、肝心なことは中和を確実に行うということでしょうか。 -- 表装工房 季庵 2008-12-16 (火) 08:26:45
  • 過マンガン酸カリウムと亜硫酸ソーダーを「xxx」に中和させることが大切とお答えになっていますが、この中の「xxx」は具体的に言及されていないのですが、xxxは何でしょうか。 -- 2010-11-02 (火) 09:12:10
    • 過マンガン酸カリウム水溶液は、赤紫色で作品を赤紫色に染めます。これを亜硫酸水素ナトリウム水溶液で、還元し無色の状態に戻すのですが、反応途中では、ちょうど作品が黄ばんだ状態の色に近くなります。これを黄ばみ残りと勘違いせずに、しっかりと還元反応を完了させるということです。 -- 表装工房 2010-11-02 (火) 09:38:35


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 7534, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2008-10-19 (日) 10:36:00
最終更新: 2010-11-02 (火) 09:38:35 (JST) (2969d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.