表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 43
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

修復時に裂地をそのまま使いたい。 anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: ゲスト編集
  • 状態: 質問
  • 投稿日: 2009-06-08 (月) 00:40:30
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

掛け軸の折れがひどいので、修復を考えています。その時に高さも今の床の間に合わせて20センチほど短くしたいと思っています。本紙(紙本)は大正末−昭和初期のものなので折れのほか、薄く茶色になりつつはあります。裏打ちを直すのであれば、洗いも検討しています。裂地は味があり、ヤケやよごれは目立つほどではないので、そのまま使いたいと思うのですが可能なのでしょうか。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • 元の裂地をそのまま使って再表装することは、よほど裂地が傷んでいない限り可能です。((i:f9b0))
    ただ、その状態により肌裏まで剥がす必要があるのか、増裏まで残せるのかなどで、掛かる手間もかなり違ってきます。
    お近くの表具師に相談してみるといいと思います。お近くに適切な表具師がお見えにならないのでしたら、表装工房 季庵 まで、送っていただければ拝見させて頂きます。 :-) -- 表装工房 2009-06-12 (金) 10:41:26


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 3742, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2009-06-08 (月) 00:40:30
最終更新: 2009-06-12 (金) 10:41:27 (JST) (3476d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.