表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 61
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

掛け軸本紙が波打って見えます。直す方法を教えてください。 anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: ゲスト 及川  薫編集
  • 状態: 解決
  • 投稿日: 2011-02-06 (日) 11:42:22
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

表装教室に通い掛け軸を作りました。掛け軸本紙(横長)の上下左右を筋で囲むように仕上げました。ところが、仕上がりは光が横から当たると本紙が細かく波打って見えます。よく見ると紙の皺ではなく、縮まったような感じです。また、裏側から見ると、本紙部分が若干膨らんで見えます。
総裏後の最初の仮張りの時はきれいでしたので満足していたのですが、裏側に薄く水をつけて2度目の仮張り(返し張り?)をし、2週間後ぐらいに剥がしてみたら上記のような状況になっておりました。先生と相談し、本紙部分に裏側から水をつけて3度目の仮張りをし2週間ぐらいで剥がしてみたのですが、状況は同じでした。先生も原因はよくわからないとおっしゃっており已むなくそのまま仕上げたのですが、やはり気になっております。
直すにはやり直ししかないのでしょうか。よい方法があったら教えてください。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • 実物を見てみないとはっきりとは分かりませんが、本紙の周りの筋が縮んだのが原因かも知れません。
    継ぎたて後に筋が縮むのを防止するために、筋に使う材料を裏打ち後に仮張りをせず、引き干しにするのが基本です。
    私がこの状態を直すのであれば、総裏を剥がして筋と本紙を剥がし、再度継ぎ立てをし直して、総裏をします。
    蛇足ですが、返し張りの時は水分を与えないほうがよいと思います。水分を与えずそのまま張っておけば時間とともにピンと張っていきます。 -- 表装工房 2011-02-07 (月) 13:35:25
  • ご親切にありがとうございました。
    総裏をはがすとき総裏だけ剥がすことができるのでしょうか。それとも肌裏までやり直すのでしょうか。よろしくご指導願います。 -- ゲスト 及川  薫編集 2011-02-07 (月) 21:47:45
  • 裏打ちの糊の濃さによっては、裏打ちを剥がすことが困難な場合もありますが、通常は総裏のみ剥がすことができるはずです。
    また、肌裏を剥がすのは本紙を傷める可能性が高いので避けたほうがよいです。 -- 表装工房 2011-02-08 (火) 08:43:45
  • 初めてのことなのでまだ決断はできかねていますが、原因、方法等よくわかりました。本当にありがとうございました。 -- ゲスト 及川  薫編集 2011-02-08 (火) 13:05:32


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5387, today: 2, yesterday: 1
初版日時: 2011-02-06 (日) 11:42:24
最終更新: 2011-02-08 (火) 13:05:33 (JST) (2870d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.