表装工房:日本の伝統 表装・表具の専門サイト
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 80
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

八双袋と軸袋について anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: ゲスト編集
  • 状態: 質問
  • 投稿日: 2014-05-16 (金) 02:37:35
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

初めまして。

現在、掛け軸の作っているのですが、以前、自分で手順を記したノートの記述が
分かり辛く作業が進められなくなってしまったので、ご質問させてください。

総裏を打つ段階に入っています。
軸には八双袋と軸袋をとりつけ、両側に張り手をつけてある状態です。

(1)裏打ちの最初の手順として掛け軸の表面側から八双と軸袋側に2寸ずつとってあるキレに
水刷毛で水をいれます。

(2)八双袋(ウダ紙側?)と軸袋(ウダ紙側?)に古糊をつけるとの記述があるのですが、
表面からなのか?、裏面からなのか?分からず困っています。
ノートに記した絵から推測すると、八双袋と軸袋用のウダ紙を軸と接した面を中心に
開いた状態で糊付けをしているようにみえます。その後、開いたものをたたんでしまうと
袋用の紙がくっついてしまうと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?

なかなか上手く伝えらず、申し訳ありませんがお答えいただけないでしょうか?
何卒よろしくお願い致します。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • こんにちは。

    八双袋と軸袋(以下軸袋)の置き方は色々な方法があるようですが、私は軸袋を水で湿らせてから、掛軸に付けたガイド線に合わせて置き、撫刷毛で撫で付けてから、ガイド線上に付け廻しの糊を微かに付け、総裏を打ちます。 -- 表装工房 2014-05-20 (火) 20:10:59


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1692, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2014-05-16 (金) 02:37:35
最終更新: 2014-05-20 (火) 20:10:59 (JST) (1673d) by 表装工房
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.