掛け軸・屏風などの表装・修理は表具師へ
表装工房 Webに 新規登録しませんか?
ID: PASS: IDとPASSを記憶
TOP » 表装・表具 Wiki » 質問箱 » 65
ログイン
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失 | 新規登録



メインメニュー
サイト内検索
表装・表具 Wiki 最新

障壁画 anchor.png Edit

  • ページ: 質問箱
  • 投稿者: muroEdit
  • 状態: 質問
  • 投稿日: 2011-05-29 (日) 22:31:45
Page Top

質問内容 anchor.png Edit

以前、幾度か質問させて頂いたものです。
以前、某テレビ番組で、あの桂離宮・昭和の大修理を再放送されたのを観て感動いたしました。 
その放送の中で、水墨画を床の間に貼られるシーンで解説者が、20枚ほどの下張りがしてあると言っておりビックリしたのですが、どんな下張りだったのでしょうか?
ご存知で、また、ご迷惑でありませんでしたら、教えて下さい。
 よろしくお願い致します。

Page Top

回答 anchor.png Edit

  • muro さん、こんにちは。
    水墨画を床の間に貼られるシーンとは襖の修理でしょうか。私は不勉強のため詳細は分かりませんが、古典的な襖や屏風下地ですと、1:骨縛り(組子下地に堅糊で張る)、2,3,4:三枚箕の掛け(反故紙を鎧のように三枚重ねる)、5:箕の押さえ(箕のがけの上にべた張り)、6,7: 受け掛け(2回)で、片面で7枚、両面で14枚となります。
    20枚と言うことですから、それに追加分があるのだと思います。 -- 表装工房 2011-05-30 (月) 15:16:08


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2001, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2011-05-29 (Sun) 22:31:46
Last-modified: 2011-05-30 (Mon) 15:16:08 (JST) (2886d) by ゲスト
当サイトはリンクフリーですが、著作権は放棄しておりません。
Copyright © 1996-2015 表装工房 Web All right reserved.